肩こりは低体温でも起こる

肩こりは低体温でも起こる

肩こりと言えば筋肉の使いすぎ、同じ姿勢をずっとっていたからというイメージがありますが、
実は低体温でも起こってしまいます。

肩や首の筋肉が緊張することで血行が滞って肩こりになってしまいますが、低体温になると肩や首だけではなく
全身の血行が滞ってしまうため老廃物が排出されにくくなり肩こりになってしまうと言われています。

筋肉の量を増やす、運動を行うなどして血行を良くすることでこれらの症状は改善していくと言われています。

関連記事

  1. デスクワークが肩こりの原因になる

  2. 肩こりがひどく、肩甲骨が固まっています。

  3. 肩こり・首こりが酷くてどうしようもない。

  4. 肩こりや頭痛があるます。どのような治療院を選べばいいですか?…

  5. テレワークをしていて、左肩が痛い方へ、肩の痛みを抑える体操

  6. パソコン作業中に悩まされる肩こり