変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症等

変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症等

坐骨神経痛の原因となる疾患には腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症等が挙げられます。

加齢によって引き起こされることが多いですが、若い方でも同じ姿勢を長時間続けたり、重いものを持ち上げたり、運動などで腰に過度な負担をかけることで坐骨神経痛になることがあります。

坐骨神経痛を防ぐためには、ストレッチを取り入れたりして筋肉の弛緩させることを心掛けたり、下半身を冷やさないようにすることが大切です。

関連記事

  1. 寝違いの原因って?こり、痛みゼロの体へ

  2. 目の疲れや頭痛に効くツボについて

  3. 猫背の予防に効くストレッチとは

  4. 肩こりで整形外科を受診し異常なし

  5. 仙腸関節炎からくる腰痛の原因

  6. 手のしびれの原因はストレスが影響している