手のしびれの原因はストレスが影響している

手のしびれの原因はストレスが影響している

手足のしびれは多くの人が感じることの一つですが、手がしびれる原因としては神経を圧迫してしまった、血流が悪い、脳や脊髄の病気があるなどがあげられます。

手のしびれは自律神経が乱れストレスがたまった時にも起こることがあります。両手に起きた場合は血流が悪くなり、ストレスによりさらに血管が収縮するためです。

片手の場合は首や肩の筋肉が緊張しているためにおこります。

首の筋肉はストレスを感じると収縮する性質があり、筋肉の緊張により頸椎からの神経が狭くなりしびれがおきます。

しびれたときは血流を良くするために深呼吸をし、リラックスすることが大事です。

関連記事

  1. 交通事故等によるむちうちで、耳鳴りに悩まされる

  2. ストレッチや体操が腰痛には重要

  3. 猫背になってしまう原因

  4. 腰痛にはストレッチポールを利用

  5. 仙腸関節炎からくる腰痛の原因

  6. 猫背の予防に効くストレッチとは