偏頭痛

偏頭痛

隠れ偏頭痛とは、きちんと睡眠を取ったにもかかわらず、起床後などに頭痛を起こしてしまう症状のことを指します。
この隠れ偏頭痛は睡眠を取るなどによって体をリラックスさせることによって、脳の血管が必要以上に拡張してしまい、頭痛を伴ってしまうのです。
また実際に頭痛を伴っていない場合でも、首の後ろあたりが凝っている、胃がむかむかして食欲が起こらない、頭がなんとなく重く感じるなどの症状は隠れ偏頭痛の予兆の可能性があります。
これらの諸症状を放っておくと、次第に頭痛を伴うようになってくるのです。

関連記事

  1. 変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症等

  2. 肩こりで整形外科を受診し異常なし

  3. 寝違いの原因って?こり、痛みゼロの体へ

  4. 首の痛みがひどい

  5. 生活習慣病である糖尿病とは

  6. 手のしびれの原因はストレスが影響している