パソコンの手首の痛みについて

パソコンの手首の痛みについて

デスクワークとして多くの会社勤めの方達は1日中、パソコンの画面に向かって仕事をしている現代ですが、手首の痛みに悩んでいる肩が増えている傾向です。

パソコンの打ちすぎなどが原因で手首が痛くなる人は、腱鞘炎に注意する事です。

腱鞘炎の原因は、肩や首や背中のコリが原因で、強ばりが手首の血液の流れを悪くして手首の痛みになります。

手首が痛いからといって、腕や手首だけではなく体の全体的にストレッチを行う事が非常に大切です。

関連記事

  1. 腱鞘炎は、背中や首、肩のコリが原因で起こります。