腱鞘炎は、背中や首、肩のコリが原因で起こります。

腱鞘炎は、背中や首、肩のコリが原因で起こります。
手首の血流が滞ることで起こります。

つまり、手首はさまざまな部位に問題がある結果なのです。

そのため、手首や腕のストレッチやマッサージなど
手首や腕のストレッチやマッサージだけでは改善しないケースも多くあります。

腱鞘炎をきちんと治すためには、体全体をストレッチすることが大切です。

デスクワークでパソコンに向かう時間が長い方は、
手首に負担がかかる機会が多いのではないでしょうか?

パソコンに向かう時間が長かったり、
手首に負担をかける機会が多いと、腱鞘炎を発症しやすくなります。

関連記事

  1. パソコンの手首の痛みについて